​工場品質管理評価制度

このページは、工場品質管理評価制度のページです。

工場品質管理評価制度は、消費生活用製品を製造する工場を品質管理の観点からチェック・評価をすることにより、当該製造工場の品質管理水準等を客観的に判定する制度です。

工場品質管理評価制度の対象製品が分からないなど不明な点がございましたらお問い合わせをお願いします。

​対象・適用範囲

消費生活用製品全般が対象です。ただし、お申し込み時にお知らせいただいた製造製品によりお引き受けできないこともございます。

工場の所在地は、国内外問いません。特に中国及び東南アジア諸国の工場は、実績が豊富です。ただし、お申し込み時にお知らせいただいた製造工場の所在地によりお引き受けできないこともございます。
申請者は、受審を希望される製造工場の方自身の他、製造工場に製造委託(OEM)をしている流通事業者の方などから申請が可能です。ただし、申請者と受審工場が異なるときは、あらかじめ受審工場の承諾が必要です。

 

評価項目

① 組織及び文書に係る社内規程の整備状況とその運用状況
② 苦情に係る社内規程の整備状況とその運用状況
③ 資材、工程、設備及び計測器に係る社内規程の整備状況とその運用状況
④ 申請者が指定する規格・基準への適合性検査に係る社内規程の整備状況とその運用
⑤ 変更管理に係る手順
⑥ 工程の状況
⑦ 申請者が指定する規格・基準への適合性検査の状況
⑧ その他必要と認められる事項

 

評価結果

調査結果を持ち帰り、各評価項目毎に点数を付与し、合計1000点満点を上限として点数化します。

各評価項目毎のコメントを付記致しますので、この評価後の品質管理活動にも役立てることが可能です。

​費用

1工場当たり100,000円(当協会旅費規程に基づく旅費は別途請求、日本国内からお振り込みの場合には消費税別途請求)を頂戴致します。

ただし、言語は日本語となりますので、社内の言語が日本語以外の場合には、別途品質管理用語に長けた通訳など受審側でご用意頂くことが必要です。もし、通訳をご用意できない場合には当協会までご相談ください。(中国国内の場合には、当協会の中国連絡所のスタッフを通訳としてご利用いただくことも可能です。)

お申込み

​申込書(pdfword)に必要事項をご記入の上、コチラからお申込み下さい。

東京都台東区竜泉2-20-2 ミサワホームズ三ノ輪2階