製品安全協会について

製品安全協会は、もともと、1973年に制定された「消費生活用品製品安全法」を
実施するために同法に基づいて認可法人として設立されました。
Consumer Product Safety Association (CPSA) was founded in 1973 to enforce the Consumer Product Safety Act as a government-authorized corporation.

生命や身体に危険を及ぼすおそれのある製品の安全基準をつくっており、基準に適合した品にのみSGマークの貼付を認めるが付けら認証を行っています。また、万が一SGマークつき製品の欠陥により人身事故が起きた場合、その人的損害を賠償する事業を行っています。2012年から一般財団法人となり現在に至っています。
CPSA develops safety standards develops safety standards for consumer products to prevent accidents which may hurt people us or endanger their lives. CPSA certifies the products which meet the applicable SG Standards so that only those products can be labeled with SG Marks. Should an accident happen by the failure of a product labeled with an SG Mark, CPSA compensates the human loss associated with the accident. CPSA has become a general incorporated foundation since 2012.

理事長挨拶Message from the Chairman

私達の日常生活は、消費生活の多様化傾向が急速に進んでおり、豊かで便利になってきております。そして、真に豊かな生活を送るためには、製品の安全性確保と消費者の適切な使用が何より肝要です。製品安全協会は、1973年に「消費生活用製品安全法」に基づき設立されました。その後、組織変更を実施して2000年に公益を目的とする財団法人、2012年に一般財団法人となりました。
The ways of our daily life have become more diversified, more convenient and more prosperous in a fast pace. To live in contentment, it is very important that the products for consumers are safe and used appropriately to prevent accidents. The Consumer Product Safety Association was founded in 1973 to enforce the Consumer Product Safety Act as a government-authorized corporation. It became a public interest incorporated foundation in 2000 and has become a general incorporated foundation since 2012.

当協会の主たる事業は、

  1. 構造・材質・使い方などからみて生命又は身体に危害を与える恐れのある消費生活用製品について、製品ごとに安全な製品として必要なことを決めた安全性についてのSG基準の作成

  2. SG基準に適合したものとして認証された製品へのSG(Safe Goods)マークの表示

  3. SGマークを表示した製品の欠陥により人身被害を受けた場合の補償等

を行っております。
As a major mission, CPSA develops safety standards–called SG Standards for consumer products to prevent accidents which may hurt people or endanger their lives. CPSA certifies the products which meet the applicable SG Standards to be labeled with SG Marks—a symbol of safe products. CPSA compensates the human loss caused by the accident by the failure of a product labeled with an SG Mark.

また、製造業者、販売業者等のご協力を得て一般消費者の皆様方に対する商品知識の情報提供や事故未然防止の啓発等も併せて行っております。更に、広く消費生活用製品のクレームや事故等について消費者からの相談、調停も行っております。今日、製品の高機能化、複雑化の進展にともない、これら製品へのより適切な安全性確保の要求も高まってきております。当協会は、消費生活用製品の安全性確保・向上のために、今後とも、より一層努力して参る所存でございます。
CPSA provides information on the safe use of the products for prevention of accidents in collaboration with manufacturers and suppliers of the products. CPSA also provides consultation services and receives claims regarding the accidents and problems associated with consumer products. CPSA recognizes the growing demands for safety of consumer products as they become more and more complicated and sophisticated nowadays and continues its unwavering efforts for the safety of consumer products and developments of safer products.

理事長 稲見 雅寿
Chairman of CPSA, Masatoshi Inami

協会概要Overview

基本財産Basic Property: 269百万円269 million yen
事業規模Business Scale: 244百万円(2021年度予算)244 million yen (FY 2021)
役職員Executives and Employees: 15名(2021年7月現在)15 members (July 2021)
事業概要Missions 1.製品の安全性に関するSG基準の作成Development of SG Standards to ensure safety of products 2.SG基準に基づく安全性の認証及びSGマークの表示Certification of products based on SG Standards and management of SG Marks 3.SGマークつき製品の欠陥による人身事故に対する賠償措置Compensation of the human loss associated with the accidents caused by the failure of SG Mark-labeled products 4.製品の安全性に関する試験・検査、調査・研究並びに情報・資料の収集及び提供Testing, inspections, research, study and collection of information and documents on the safety of consumer products 5.製品の安全性向上に関する啓発及び広報Promotion of safer products and their safe use through public relations 6.製品事故に関する紛争処理等Dispute resolution on the accidents caused by consumer products 7.製品の安全性向上に関する国内外の諸機関との連携Collaboration with domestic and foreign institutions related to product safety

所在地Location

〒110-0012 東京都台東区竜泉2-20-2 2F
2-20-2 Ryusen 2F, Taito-ku, Tokyo 110-0012, Japan

一般財団法人製品安全協会 中国連絡所
静安区万栄路1053号靜安新業坊6号楼-海市-200072

情報公開資料Information Disclosure (in Japanese only)

定款(The Rules of Business)
役員 名簿 (Executives)
事業報告書 (Annual Reports)(2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度
収支決算 (Income and Expenditure Statement)
正味財産増減計算書 (Statement of Changes in Net Asset)(2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度
貸借対照表 (Statement on Assets and liabilities)(2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度
SGマーク表示数量 (Numbers of SG Marks Issued)(2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
沿革