E-mail newsletterメルマガ配信

工場登録・確認・更新審査についてのご案内 Timing and the Fee for the Inspections of New Registration /Confirmation/Renewal of Registration

メルマガ 第49号 発行日:2021/12/20

今回のメルマガ
・前半:工場登録・確認・更新審査についてのご案内
・後半:お知らせ

工場登録・確認・更新審査についてのご案内
Timing and the Fee for the Inspections of New Registration
/Confirmation/Renewal of Registration

1.オンライン審査申請料について (The FEE for the Online Real-time Inspection)

 コロナ禍において訪問審査ができなかったため、緊急避難的な手法としてオンライン・リアルタイムの審査を行ってまいりました。残念ながら、コロナ禍が収束しておらず、訪問審査が再開できる見通しが立っておりません。このため、オンライン・リアルタイム審査をもうしばらくの間継続せざるを得ないと考えております。
In cases that an on-site inspection was not possible due to the Covid19, CPSA conducted an online real-time inspection as a short-time alternative means. Under the current situation of the Covid 19 infection in the world, CPSA keeps the online real-time inspections available until the situation significantly improves.

 オンライン・リアルタイム審査は、審査料を通常の審査と同様の10万円とし、訪問審査が可能となったときに改めて訪問での事後審査を行う(新たに審査料が発生する)ことを前提として行ってきました。しかしながら、オンライン・リアルタイム審査は、通常の訪問審査以上に準備と実際の審査に時間と手間がかかっています。他方、審査を受ける工場或いは事業所には、ゆくゆくは訪問による事後審査を行うという条件ではあるものの、スピーディーな対応が可能となり、旅費がかからないというメリットがあります。
The online real-time inspection has been conducted with the same fee as the on-site inspection, under the condition that an on-site inspection (with the inspection fee) should follow when it becomes possible. However, an online real-time inspection needs much more time for preparation and the implementation for CPSA than that for on-site inspection. On the other hand, speedy inspection and the result as well as unnecessary payment for travel expenses of the inspector are significant merits for the factory for registration although an on-site inspection should follow later.

 このような状況を考慮し、2022年4月1日以降にオンライン・審査を行う場合には、審査料を20万円に引き上げさせていただきます。なお、すでに通知しております通り、過去にSGマークの使用実績が乏しい場合の審査は、2022年4月1日からは20万円の付加金を課すこととなっています。従いまして、このような事例では、オンライン・リアルタイム審査となる場合の審査料は40万円となりますのでご留意ください。
Considering the situations above, the fee for the online real-time inspection will be increased to 200,000 yen as of April 1, 2022. Please note that the factories which have not used SG Marks many will be charged additional 200,000 yen. In such a case, an online real-time inspection will cost 400,000 yen.

2.申請手数料について (The Fee for Application of Registration)

これまで、工場登録関連申請は、申請に関する照会の段階ではご相談を無料で受け、実際の審査に入る段階で審査料を納めていただいておりましたが、ご相談を受けたのち長い月日が経ち、或いは、中断してしまう事例が少なからず出ております。より効率的かつ適切に事務処理を進めさせていただくため、申請のご意向がある場合は申請手数料とともに申請書をご提出いただいたうえで事務作業を進めさせていただきたく、ご理解、ご協力をお願いいたします。申請手数料は審査料の一部をなすもので、審査まで進んだ場合の料金は従来とは変わりません。申請手数料は5万円としますが、審査にいたらなかった場合でも返金はいたしませんのでご注意ください。
In the past, an applicant for registration of the factory is not required to pay until the inspection is to take place and consultation for application is not charged. However, there are cases that a number of months have passed since the first inquiry from an applicant and/or the consultation is suspended without a future schedule. To process applications including consultation more efficiently and speedy, CPSA asks the applicants to pay part of the inspection fee as the Fee for Application of Registration when the application document is filed. The application fee is 50,000 yen and total cost for inspection is not changed, but the application fee will not be refunded in case the inspection is not taken place.

3.確認・更新審査について (Inspections for Confirmation/Renewal of Registration)

 2022年度以降、定期的に実施する確認・更新審査については、その実施時期等についてすでに文書にて通知を行っておりますが、実施期日が迫りましたらば改めてご通知いたします。
CPSA sent a notice to each registered factory about the timing of the Inspections for Confirmation/Renewal of Registration in October this year. When the timing gets closer CPSA will notify a factory to help it prepare for the inspection.

 なお、手数料規程において、SGマーク使用実績がない場合は20万円の付加金を課すことを通知しております。実は、審査料は、SGマークが使用されることを前提としており、実際にかかる費用よりもずっと低く抑えております。このため、使用実績が乏しい場合、審査費用をSGマーク使用によりカバーすることができなくなります。このことを考慮して、「SGマークの使用実績がない」は「SGマークの使用実績が乏しい」と解釈して運用させていただきます。製品ごとの事情が異なる中で条件となるSGマーク使用実績を一律に定めることはいたしませんが、過去3年間に使用実績が20万円に満たない場合は原則付加金を申し受けます。なお、これでも、審査費用を十分にカバーできる水準とはなりません。その上で、2022年度の審査が行われるまでで登録から6年以上(便宜的には、保有していた型式で直近に失効したものが6年以上となる事業所)の場合は、過去6年間のマーク使用実績が20万円に達していたかで判断することとし、十分な周知がなさえたと考えられる2023年度以降は3年間の使用実績で判断させていただきますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。
CPSA also announced that it charges additional 200,000 yen for a factory if it will not have used SG marks by the timing of the inspection. The inspection fee is set at a low level under the assumption that the factory uses and pays for SG Marks after registration. So, the cost for inspection can not be covered if not many SG Marks are used by the factory. This is the reason why CPSA introduced additional payment for inspection in such a case. Therefore, “in case that SG Mark was not used” should read “in case that not many SG Marks were used”. Since the situations vary among products, CPSA does not set a uniform definition of “not many”, however, it charges 200,000 yen, in principle, as the additional fee when the sum of the payments for SG Marks in the past three years is less than 200,000 yen. Please note that the amount of the additional payment is not sufficient to cover the real inspection cost. In consideration of the short notification period, the factories which need to receive the inspections during the FY 2022, the additional fee is charged if the sum of payments for SG Marks in the past SIX years is less than 200,000 yen. Additional fee is charged in the sum of the payments for SG Marks in the past THREE years is less than 200,000 yen from FY 2023.

 SGマークの使用実績が乏しい場合は訪問審査となることがありますが、コロナ禍の収束が見通せないこともあり、海外の事業所については、原則、海外の検査機関にて審査を受けていただけますようお願いいたします。その場合は、検査機関が課す審査料に当方の事務処理等手数料として10万円を加えた金額が審査手数料となります。なお、工場登録が更新されなかった、或いは解除された場合でも、一部例外的な品目を除き、ロット認証によりSGマークを使用することは可能です。
When not may SG Marks were used, inspections may have to be conducted on-site, however, due to the Covid19 situation, registered factories outside of Japan are kindly asked to take inspections by a foreign inspection body available at their locations. In such cases, a factory has to pay to the inspection body the inspection fee it sets and additional 100,000 yen to CPSA for handling the application. In case the registration is not renewed or cancelled, the factory can still use SG Marks if it receives certification by testing samples of the “Lot” of products with a few exceptions. (以上)

①新着情報 https://www.sg-mark.org/
・2021/10/12 PLセンターダイジェスト2021年度四半期
・2021/10/28 不適合品の報告:住宅用金属製脚立
・2021/12/01 年末年始のSGラベル発送業務
・2021/12/20 工場登録・確認・更新審査について

②拡散希望
・受信者のHP、職場の方々、知人等に転送等していただいて構いません。 

③記事募集
本メルマガに載せてほしい記事や要望等がございましたら下記までお知らせください。
 製品安全協会広報→ sg-news@sg-mark.org
 ・SGとの関わり、ヒヤリハット事例、製品安全への取組など

※配信登録・過去メルマガはこちら→ https://www.sg-mark.org/ml

2021年度